プロモ動画

キンテート・グランデ

クールで
スタイリッシュな
タンゴ五重奏団が初来日
51回目となる今回のタンゴ・シリーズでは、ソロバイオリンの名人芸を前面に押し出したメロディーで一世を風靡したエンリケ・マリオ・フランチーニの後継者であるマティアス・グランデがリーダーを務める楽団「キンテート・グランデ」を招聘。2017年の結成に際して、バンドネオン奏者の第一人者であるネストル・マルコーニが監修。古典的なタンゴの王道を守りつつ、斬新な編曲と、そのクールでスタイリッシュな演奏が、今、アルゼンチン国内で大注目の楽団です。
公演では、3組のダンサーと歌手1名を加え、演奏、ダンス、歌の3拍子揃ったステージでお楽しみいただきます。
※出演を予定しておりましたカルメン・レンカール(チェロ)は、諸般の事情により出演ができなくなりました。代わって「ジャッケリーン・オロク」が出演いたします。